イベルメクチン12mg10錠

新型コロナウイルス感染症の治療薬・予防薬としての効果が期待され、現在世界中で治験が進められている駆虫薬です。日本でも承認・販売されている駆虫薬ストロメクトール錠3mgのジェネリック医薬品として製造されており、有効成分イベルメクチンを先発品の4倍も配合しています。

イベルメクチン12mg10錠(イベコップ-12)

イベルメクチン12mg10錠とは

有効成分としてイベルメクチン12mgを含有する、糞線虫症や疥癬の治療に用いる駆虫薬です。犬のフィラリア症予防にも用いられます。

また、近年では新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の予防・治療効果があるとして世界的に注目されています。

当商品は、日本でも処方せん医薬品として承認されている駆虫薬「ストロメクトール錠」の海外ジェネリック医薬品です。
ストロメクトール錠におけるイベルメクチンの含有量は3mgですが、当商品はその4倍の12mgを含有する高用量タイプです。

糞線虫症は、糞線虫という暑い地域に分布する寄生虫による感染症です。皮膚から体内に侵入して小腸に寄生します。
主な症状は腹痛、便秘、下痢、肺症状、発疹などです。

疥癬は、疥癬虫(ヒゼンダニ)が皮膚に寄生することによる皮膚感染症です。主な症状は赤いボツボツや強いかゆみです。

有効成分のイベルメクチンは、2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞した北里大学の大村智先生がによって開発された駆虫薬です。
寄生虫の神経細胞や筋細胞に存在するグルタミン酸作動性Clチャネルに選択的に結合し、細胞膜の透過性を高め、細胞の過分極により麻痺を起こして死に至らせると考えられています。

優れた駆虫薬であるイベルメクチンですが、数多くのウイルスに対して抗ウイルス作用を発揮することが明らかになっています。
新型コロナウイルスも例外ではなく、イベルメクチンが新型コロナウイルスの感染・発症を防ぐ効果と入院患者の回復を早め死亡率を低下させる効果があることが多くの臨床試験で報告されています。

イベルメクチンは新型コロナウイルスのDNA複製阻害作用や抗炎症作用により、予防・治療効果を発揮すると考えられています。

現在はまだ新型コロナウイルス感染症の予防・治療薬として承認されていませんが、実際の一部の医療現場では新型コロナ患者に対して使用されています。
その治療効果の高さと安全性から、日本を含め世界各国の医師がイベルメクチンを承認するように呼びかけています。

新型コロナ早期自宅療養に関する飲み方

2021年6月5日、FLCCC(新型コロナ治療最前線のクリティカルケアアライアンス) は、日本オリンピック委員会へ COVID-19の予防・早期治療プロトコルを正式に提出しました。

イベルメクチンを中心としたプロトコルにビタミンを加えたものにより、新型コロナウイルス感染が引き起こす病気のすべての段階を予防・治療できることが、何十もの査読を経た研究成果で明らかになっています。

イベルメクチンが世界的パンデミックに重大な影響を与える可能性が高いことを示唆しています。

予防手順(18歳以上で40kg以上の成人)
・イベルメクチン 18mg錠:治療開始初日1回、後は毎週(7日ごと)
・ビタミンD3 2,000 IU (50μg):毎日
・複合ビタミン 1錠:毎日
・デジタル体温計:オプショナル(体温測定用)

早期自宅療養手順(18歳以上で40kg以上の成人)
・イベルメクチン 18mg錠:毎日1回、5日間
・メラトニン 6mg:就寝前、5日間
・アスピリン 80mg:毎日(禁忌を除く)
・殺菌含嗽 1日3回(飲み込まずに嗽をする):可能な場合

曝露後予防(COVID-19 患者の家族または濃厚接触者)
・イベルメクチン 18mg錠1回、48時間以内に繰り返す

通販エージェントをご利用いただく方へ

くすりエクスプレスや個人輸入ストアを初めてご利用いただく方は初めてのお客様へ・ご利用方法をお読みください。

くすりエクスプレスは海外の医薬品やサプリメントの個人輸入代行ストアです。イベルメクチン12mg10錠(イベコップ-12)を通販いただく場合、ご自身の使用に限定し、輸入規定量内であれば個人輸入が認められています。個人輸入代行サービスの利用において、お客様による通関手続きや一切の輸入手続きは不要です。国内の通販サイトと同じようにご利用いただけます。

ただし、輸入した医薬品等を他者へ販売や譲渡したり、他者の分をまとめて輸入することは認められていませんのでご注意ください。

厚生労働省によって個人輸入が禁止されている医薬品等の取り扱いはありませんが、ご購入いただいたイベルメクチン12mg10錠(イベコップ-12)は医師や薬剤師の指示に従ってご使用ください。